国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険
旅行傷害保険とは、旅行中に事故や病気等の何らかしらのトラブルが発生した際に保障してくれる保険の事で、大雑把に述べれば日本国外への旅行の行程中に対して保障する海外旅行傷害保険と日本国内の旅行に対して保障する国内旅行傷害保険とがある。

国内旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

その特徴は、国内旅行傷害保険について、適用されるのが基本的に死亡事故または重度の障害が残る事故に対してのみである為、保険の性質として「自分に対する保障と言うよりも遺族に対する保障」という点が挙げられる。尚、クレジットカードに国内旅行傷害保険が付帯されていたとしても、支給条件が「そのクレジットカードを使用して旅費精算を行なった場合にのみ適用する」と制約があるケースが多い。
https://www.facebook.com/World.Japan.Travel/
問題は海外旅行傷害保険である。日本国内の場合、健康保険証を保持していれば病院の費用負担が軽減されるが、海外では保険証が通用する訳でもなく、もっぱら全額負担となる。その費用は十数万円程度で済めばよいが、入院が必要なケースなど場合によっては数百万円以上の費用を請求されてしまう可能性もある。その為、海外旅行に行く際には海外旅行傷害保険に加入する事を勧める。

「自分は健康体だし、別に現地では生水や食べ物にも気を付けるし、危ない場所にも近づかないから大丈夫」と加入しないケースも見られるが、海外旅行傷害保険のプランには携帯品の紛失や賠償請求、航空機の遅延保障といった項目がセットになっているプランもあるので、身体の強弱云々以外の為にも加入しておくに越したことは無い。また、普段は健康であっても現地の気候が日本では考えられない様な暑さや寒さで熱射病になったり凍傷になるといったケースもあるので、過信は禁物である。
各保険会社にて取り扱っているプランに契約すると言うのもさることながら、クレジットカードに入会した際にすでに海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯されているケースがある。そこで旅行の前には、自分が所有するクレジットカードに付帯されている旅行傷害保険の支給条件および、補償内容について確認をしておく必要がある。もし、クレジットカードの補償されている内容で問題が無いのであれば、改めて保険会社のプランに契約するのも契約金が無駄になるだけであろう。また、クレジットカードを作る際に自分が旅行に行く頻度が多いというのであれば、それを理由にカードのランクを決めるのもよい。
補償内容は? もし、クレジットカードを所有しているのであれば、付帯されている補償内容について事前に確認しておく必要がある。クラスとして最低の一般カードであっても、大体は死亡保障と後遺障害は付帯されているだろう。ではその上で考慮すべきは、普通に旅行する上で「死亡」や後遺症が残るような「大ケガ」に繋がるような事態に遭遇する可能性は、スキューバーダイビングやロッククライミングのようなアクティビティスポーツでも行なうのであればともかく、普通に旅行する上では「ほとんどない」とみるのが普通である。(もっともXスポーツをする為に旅行する場合、大抵審査で落とされたり、保険料がバカ高くなったりするのだが…) それよりも旅行先で遭遇するケースが高いであろう「病院での治療費用」や「賠償費用負担」「携行品損害」「航空機遅延」などに対する補償がある事の方が重要である。クレジットカード場合、ランクが上がるにつれて補償範囲が広がるので、もし年間での旅行頻度が多い場合にはクラスを一般カードからゴールドカードにするのも良いだろう。クレジットカードに付帯されている補償内容を確認した上で保険会社の保険で間に合わせるべきか検討しておくと良い。 「携行品損害」に対する補償を受ける可能性がある場合は、、その携行品の価値を予め知っておいたほうがいい。補償金額の目安になることがあるからだ。例としてノートパソコンであれば定価の半額以下といったところか。携帯電話やスマホは分割払いの残金によって大きく変動する。 補償金の支給条件は? 仮に補償金の支給を受けなくてはならない様な状況になった時に、制約等が無いか確認しておく必要がある。 例えば「その旅行費用(渡航費用)の支払いはそのクレジットカードを利用して支払いを行なっている場合にのみ支給する」といった条件が設定されているケースがある。クレジットカードに付帯している国内旅行傷害保険は大体この条件が設定されているケースが多い。 複数枚のクレジットカード付帯旅行保険との併用(合算)可否はどうなっているか? 「死亡補償」や「傷害死亡」、「後遺障害」や「障害補償」の場合、基本的には合算は出来ないと思って良いだろう。 また、同じ発行会社のカードを複数枚所持している場合も、合算できない。つまり、AカードのJCB、Master、VISAと3枚持っていても合算出来ない。 合算できると思われる条件は、「治療費用」や「賠償費用負担」、「携行品損害」。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA