Prada プラダ

Pradaプラダ
Pradaプラダ

Prada プラダ
1913年、マリオ・プラダとその兄弟がミラノに皮革製品のインポートショップを開業。

プラダについて

1913年、マリオ・プラダがミラノに皮革製品店を開業。世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、イタリア職人の技術で豪華なアイテムを作る。それがブルジョワの間で評判となり、イタリア王室の御用達となった。

1958年、マリオの死と時代の変化に豪勢さが合わなくなったのが重なり、しばらくの間、低迷期を迎える。

しかし、78年に孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し、事態は変革を見せ始める。レザー製品で有名なプラダに、「ポコノ」という軽くて強い工業用防水生地のナイロン素材のシンプルなバッグを導入。これが現代女性の合理的志向に合い、大きな話題となる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA