忙しい起業家のための3つのソーシャルメディアハックス

[stm_post_details]

The new wordpress theme called Consulting WP has been lauded by critics for its presentation. The theme is made by Style Mix Themes, who have been key players in the theme industry for a long time. People were excited to see what they would come up with next; their specialty has always been designing industry specific themes. This time they have focused on the consultation industry and have hit a home run.

There are many great things within the theme which are the cause of its popularity. The biggest factor is the appグロースハック」

皆さんも最近耳にすることが多い言葉ではないでしょうか。今回は、グロースハックの考え方を、企業ブログやソーシャルメディアの担当者の方が、どのようにコンテンツマーケティングに応用するかについてのヒントを紹介します。

そもそもグロースハックとは?

グロースハックとは、「データやユーザーの声を分析して、製品やサービスを改善する(成長させる)こと」です。グロースハックのグロース(growth)は成長を、ハック(hack)はコンピュータを熟知した者が行うエンジニアリングを意味しています。グロースハックを行う人はグロースハッカーと呼ばれ、データサイエンティストと並んで、現在シリコンバレーで最もセクシーな仕事と言われているらしく、“ユーザー獲得担当エンジニア”などとも呼ばれています。グロースハッカーは、一般的なマーケティング担当者とは異なり、自ら製品やサービスの改善を行うので、それらへの深い理解が求められます

earance of the theme; it disrupts theme design clichés without being unprofessional. The different possible color combinations are also being appreciated by many comp

グロースハックはコンテンツマーケティングにどう関係するのか?

コンテンツマーケティングは「ブログを書いて終わり」「バズるコンテンツを一回作って終わり」というものではありません。成果を出し続ける長期的な戦略であることを考えると、コンテンツマーケティングは、グロースハックに似た性質を持っています。例えば、読み手からのフィードバックやウェブサイトの行動履歴、その他多くのデータを元にアウトプットを改善・生産しつづける姿勢は、グロースハックと共通したものでしょう。

以下では、企業のブログやソーシャルメディアの担当者の方が、グロースハック的コンテンツマーケティングを実施していくためのヒントを紹介しています。

タイトル(コピー)は顔。100例考えてもいいくらい

タイトルはユーザーの興味を引くために最も重要です。「このタイトルは少し釣りっぽいだろうか?」「直接的と間接的な言い方はどちらがいいだろうか」「SEO的にはどのキーワードが強いだろうか」など、どのタイトルがよりユーザーの目を引くか常に考える必要があります

はじめのうちはユーザーの傾向が分からないので、例えば「柔らかい/硬い」「結論を書くか/含みを持たせる」といった訴求軸のマトリックスを作り、それぞれをテストしてみるのもいいでしょう。個別の記事に対して別のアプローチを試してみてGoogleアナリティクスやFacebookインサイトでユーザーがどのような傾向に対して好意的な反応を示しているか見ることで、ユーザーの傾向が見えてきます。

  • タイトルの重要性は誰もが分かっていることでしょう。しかし、忙しい業務の中、最後まで力を入れずに「とりあえず」つけてしまったこともありませんか? タイトルは、商品名のようなもの。かつて話題になったシュレッダーはさみは、当初刻み海苔を切るための商品として発売されていましたが全く売れず、その後「シュレッダーはさみ」と名前を変えたことで爆発的なヒット商品になったそうです。バズるかそうでないかはタイトルの付け方次第で決まることがよくあります。例えば私が勤めていた出版社では、タイトルは100案出して1つに絞っていたほどです。30分もあれば10個以上はアイディアが出るはずです。是非投稿前に今一度タイトルを再考する時間をとってみてください。
  • ソーシャルメディアに最適化しよう記事をより多くの人に読んでもらいたい。そう思った時にまず思い浮かぶのがソーシャルメディアでしょう。一口にソーシャルメディアといっても、ユーザーの属性や使い方は異なるので、一様な投稿方法は避けましょう。日本で言えば、ユーザー数が多いのはFacebook、Twitter、YouTube、LINEといったところです。Facebookは最近では広告によるリーチの効果が高く、オーガニックリーチが下がっている傾向が見られますが、それでもシェアやいいねを喚起する投稿であればいまだに大きな影響力があります。「画像」「動画」「リンク」のうちどのタイプの投稿が多くのリーチを生むのか、それが分かれば投稿タイプを最適化することができます。さらに画像のサイズ、タグの設置、リンクであればOGP設定など細かな改善の繰り返しで成果は全く違ってきます。Twitterでは、OGP設定をしてもリンク投稿では画像が表示されません。このため、タイムライン上で目立たせたいのであれば、敢えてタイムライン上で表示されるように画像を貼るなどの一工夫が必要です。
[stm_post_bottom][stm_post_about_author][stm_post_comments]
[stm_sidebar sidebar=”527″]

Looking for a First-Class Business Plan Consultant?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA