妻の不倫で夫はどれくらいの慰謝料を請求できるのか?

妻の不倫で夫はどれくらいの慰謝料を請求できるのか?

妻の不倫で夫はどれくらいの慰謝料を請求できるのか?
うちの嫁が昼間に不倫?
自分には関係のないことだと思っていませんか?
「うちの嫁にかぎって・・・」なんて思っていても、昼間は何をしているのか実際には分からないものです。
人間に感情がある以上、“絶対”とは言い切れませんね。
もちろん、すべての奥様がそうと言っているわけではありません。
ただ、最近観はじめた連ドラが異様にリアルすぎて、他人ごととは思えなくなってしまいます。
旦那に隠れて不倫しても、いつまでも隠し通せるわけもなく最後は修羅場です。それなのに危険な恋に手を出してしまうのは、やはり人間の本質ということでしょうか。
https://www.facebook.com/Mind1sick1single9mother0trouble4consultation/
さて、もしも自分の妻が不倫をしたら、あなたなら どうしますか?
離婚しますか?それとも許しますか?
慰謝料を考える人もいるでしょう。離婚に際して慰謝料を貰おうと考えているなら、どれくらいの金額を請求できるのでしょうか。その慰謝料は、精神的ショックを癒すに値する金額なのでしょうか。
妻の不倫が原因で「いくらの慰謝料」を請求できるのか知りたくありませんか?
慰謝料の基本的な考え方
離婚の慰謝料ですが、これは交通事故と同じで「損害賠償」になります。つまり、事故の被害者と同様の考えです。結婚生活に障害を及ぼしたことに対する賠償金となります。
今回の離婚原因は“妻の不倫”ですから、当然ながら“結婚生活に障害を及ぼした”として認められます。ただし、慰謝料の金額を決める際は相手の収入や立場が関わってくるので、だいたいの目安すら予測することが困難です。
ほとんどのケースにおいて慰謝料は裁判所の調停で話し合います。そのため、各家庭によって結果が異なります。
そして、最終的には裁判官の判断に委ねられますので、自分の言い分が全て通るわけではなく、場合によっては妥協しなければならないことも出てくるでしょう。
およそ300万円前後が離婚慰謝料の相場

慰謝料は、正式名称を「離婚原因慰謝料」といい、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償として支払うお金のことです。
ただし、すべての離婚に慰謝料が発生するわけではありません。離婚の原因によっては、慰謝料が発生する場合としない場合があります。
•原因が「不貞」の場合……100~500万円。不貞の回数や期間、いたった経緯などを考慮のうえ決定されます
•原因が「悪意の遺棄」の場合……50~300万円。別居期間やいたった経緯、生活費を入れないといった経済的な責任の放棄などを考慮のうえ決定されます
•原因が「精神的虐待、暴力」の場合……50~500万円。心身の虐待の状態や継続性、ケガや後遺症の程度などを考慮のうえ決定されます

慰謝料の相場はいくら?
 
離婚の原因がよほど悪質ではない限り、300万円前後が離婚慰謝料の相場と言えそうです。
しかし、相手が高収入だったり経済的な余裕が見受けられたりする場合には、それ以上の慰謝料が発生するケースもあります。
とはいえ、慰謝料の金額を決める最も大きなポイントは、「離婚原因」と「その原因を作り出した責任の割合」です。きわめて悪質なDVなどは金額が高くなるケースが多いようです。
不倫や浮気が原因の離婚では、不貞の回数や期間なども金額を決めるうえで議論されるポイントとなります。そして、“収入面の問題”についても慰謝料を算出するにあたり大きな問題となるでしょう。
また、不倫した妻だけではなく、慰謝料を請求する夫にも「何らかの責任や原因」があったと判断されれば、金額が大幅に減少する傾向にあります。
妻が一方的に不倫したと主張しても、夫が家庭を放棄していれば“100%妻だけが悪い”とは言い切れないのです。
妻の不倫が発覚したとき、夫に何ら原因がなく、不倫が一方的な離婚原因にいたった場合、慰謝料として300万円前後が大よその相場となります。
ただし、お互いの収入を一般的な水準として考えたときの目安です。あからさまに収入が低ければ、相場を大きく下回る可能性もあります。
もちろん、妻の不倫相手に対しても慰謝料請求は可能です。
さて、いかがですか?あなたの奥様は不倫していないと断言できますか?
離婚する前から慰謝料について考えるのは少し気が引けるかもしれませんが、それでも知らないよりは理解しておいたほうが心構えとして“気持ち”が楽になります。
慰謝料は単に金銭のやり取りだけの問題ではなく、次の生活へ進むために必要なリセットの手段です。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here