[stm_post_details]

ついうっかりやってしまう“人的ミス”
何度見直しをしたつもりでも、見逃してしまうことはある。
どんなデキる人間でも仕事に携わる限り、ある程度のミスは付きものだ。
 
しかし、小さなミスでも何度も何度も繰り返し重ねていては、周囲からの信頼も下がるばかり。
仕事で一番避けたいのは“同じミスを繰り返すこと”
どうしたらミスをより少なくすることができるのか?
今回はそんな人的ミスを極限まで減らすためのノウハウをお伝えしたい。
ミスを引き起こす原因には、人の内にも外にもあります。
・目標の設定が曖昧だったり、不明確なとき
・自分の能力以上のことをしてしまったとき
・知識が不足していたとき
・注意をコントロールできなかったとき
・習慣化してしまったとき
・まわりがエラーを誘発するとき
・悪い偶然が次々と重なったとき

  • 事のミスを減らす方法3つのポイント1.まずは、目的を知ること。2.そして、努力の方角を知ること。
    3.目的を果たすために 必要な技術を身につける。
     
     
    どんな仕事でも依頼を受けたら、
    ・何の目的で
    ・誰に
    ・いつまでに
    完成させなければならない仕事なのか、まずは徹底した打ち合わせやヒアリングを行おう。ここで仕事の真意を履き違えていれば致命的なミスになる。
  • どうしたらミスが少なくなるのか?そのひとつの方法は、仕事をする上で緩急をつけることです。
    ミスが絶対にあってはいけないシーンと、多少あってもいいシーンをみきわめて自分の集中に強弱をつけるということなのです。
    そもそも、集中力を長時間持続させることができる人は少ないはずです。であればどこが勝負どころなのか。全体像をふまえた上で集中すべきところを見極めるのです。
     
    仕事ができる人は、その見極めができています。だからこそ、多少性格が緻密じゃなくても、処理能力が極端に高くなくても抑えるところは抑えるので、ミスが少ない印象をもたれます。
     
    「自分の勝負どころはどこなのか?」今抱えているプロジェクトの中で、あるいは今日参加する会議で、あるいは1日の中で、1週間の中で、1か月の中で、これを常に考えて行動してみてください。そういう思考に自然となるように訓練できます。また、きっとこれから仕事でたくさんの失敗やミスをすると思います。その時にミスを振り返って、こういう時はミスが起きやすいとか、自分なりに法則をつかんでみてください。それをパターン化して認識できると、こういう時は危ないぞ・・・とわかるようになります。経験則が血となり肉となるのです。
     
     
    常に完璧を目指して仕事をしていても、必ずどこかでミスは起こってしまう。
    その際、いかにダメージの少ない部分でミスをするか、自分はどのようなパターンでミスを犯しやすいのか?を経験値から把握しておくことは、今後のミス激減に大いに役立ってくれる。
     
[stm_post_bottom][stm_post_about_author][stm_post_comments]
[stm_sidebar sidebar=”527″]

Looking for a First-Class Business Plan Consultant?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here