ウルトラハイリリーフ金貨が10月からサイン入りが値上がり始めた

10月に入ってから、ウルトラハイリリーフ金貨2009が値上がり始めている傾向が、アメリカで見えます。
理由は
ebeyオークションや他の有名コインオークションを見ましても、
普通のPCGSMS69とPCGSMS70は9月までの値段と変わりません。
しかし、モイ,Moyサイン入りとセントゴーデンスラベルとマーカンティサイン入り(Macanti)とMS70PLファーストストライクの値段が、なぜか上がり始めています。NGCの鑑定品も同様にMS70PLが値上がりが大きいです。
共通点は
100枚以下の発行枚数です。
今後の値上がりが期待できるものを書きました。
急に上がるときは早いので、1枚持っていてもよいと私は思っています。

ウルトラハイリリーフ金貨2009の中でも、コレクターでしたら1枚は欲しい、MS70PLマーカンティ(Macanti)サイン入りラベル世界50枚くらいだと思います。

ウルトラハイリリーフ金貨2009,PCGS-MS70PL,MOYモイ氏サイン入りラベル
世界97枚しかない、希少レア商品です。

ウルトラハイリリーフ金貨2009,PCGS,70PLセントゴーデンスラベル世界37枚しか存在しない、日本で手に入りにくい商品です。

ウルトラハイリリーフ金貨1009,PCGS70PLとNGC70PLの値段も上がり始めているみたいです。アメリカから上昇傾向があると聞いています。ウルトラハイリリーフ金貨は、2009年の1年間しか発行されず、『One Year Type』と言われる、極めて稀少性の高い金貨です。この金貨は、1907年に発行された”1907 EX High Relief金貨”の復刻版と見られており、その金貨は1枚4億円もの値段がついています。PCGS社 MS70PLのFirst Strikeは基準価格19,000ドル 残存36枚
同MS69PLのFirst Strikeは基準価格  4,800ドル 残存14枚です。
NGC社
残存枚数は不明 MS70PLのEARLY RELEASESは基準価格14,380ドル
同MS69PLのEARLY RELEASESは基準価格  3,500ドルMS70 Prooflike PCGS
Edmund C. Moyサイン入り 38年間US MINT(アメリカ造幣局)でダイレクターのEdmund C. Moy、US MINT(アメリカ造幣局)でイラストレーターであり
彫刻家であったJohn MercantiMS70 Prooflike PCGS
John Mercanti サイン入り

ウルトラハイリリーフ金貨2009 $20 Gold PCGS MS-70 PL (Moy Signed Label - Burgundy)
ウルトラハイリリーフ金貨2009 $20 Gold PCGS MS-70 PL (Moy Signed Label – Burgundy)

[top_rated_products per_page=”4″ columns=”4″ orderby=”” order=””]

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here