John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のPCGSサインラベル

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)サイン入りについて、金貨、銀貨の彫刻家(デザイナー)
John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)サイン入りについて、金貨、銀貨の彫刻家(デザイナー)

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のPCGSサインラベル

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のPCGSサインラベルは、2011年、2012年までは、サインをされた物はPCGSに自分で届け出たものだけが、

Mercantiサインラベルのカテゴリーに分類されています。

今でも、新しく届け出ますと、どうしても、手数料負担など、特に日本では几帳面な為にちゃんと、届け出て、表示も細かく分類したい方が多いですが、海外、アメリカでも、PCGSのファーストストライク鑑定であれば、あとは、

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のサイン入りラベルが本物であれば、再提出しない方が、今でも、Mercantiサイン入りラベルで発売される近年、までは、自主的にPCGSに登録申請をして登録されるために、年代とグレードによって、25%から40%のMercantiサイン入りラベルが一般分類で番号検索されます。

金貨、銀貨の価値は同じですので、皆様も気にされないほうが、よいと思います。1番の問題は、分類に検索で出るか、出ないか、ではなく、グレード、例えば、MS69なのか、MS70なのかが1番大切です。

金貨、銀貨のPCGS,NGCのプライス価格表はだれでも見れますので、最高鑑定のグレードの高いものに価値があると思えば、間違いないでしょう!

他のモイ氏、MOYサインでも同じことが言えます。

あと、プライス表に出てこない、サイン入りもあります。

とても、枚数が希少で、プライス価格を書けない、または把握できない金貨、銀貨もたくさんあります。他のサイン入りの金貨、銀貨も同じことが言えますので、良いアンティークコインを集めることが、1番、肝心なことだと思います。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA