John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)サイン入りについて、金貨、銀貨の彫刻家(デザイナー)

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)サイン入りについて、金貨、銀貨の彫刻家(デザイナー)
John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)サイン入りについて、金貨、銀貨の彫刻家(デザイナー)

John M. Mercanti(1943年4月27日生まれ)は、アメリカの彫刻家であり彫刻家です。 彼は2010年後半に退職するまで、米国造幣局の12番目の彫刻家であった。

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)の生涯

Mercantiはフィラデルフィアで生まれました。 そこでは、ペンシルバニア美術アカデミー、フィラデルフィア美術大学、フリーザアートメモリアルスクールに出席しました。 彼はまたペンシルバニア軍の国家警備隊で6年間働いた。

1974年、Mercantiはイラストレーターとして働いた後、彫刻家としてアメリカの造幣局に加わりました。 2006年5月19日に、彼は米国造幣局の最高彫刻家(デザインマスター・ツーリング開発スペシャリストとも呼ばれています)に任命されました。 この地位は、1991年、ミントの第11代彫刻家、エリザベス・ジョーンズの引退後、15年間公式に空席となっていた。

2011年6月、MercantiはGoldline Internationalの有料スポークスパーソンとなり、同社のテレビCMに登場した。

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)の仕事履歴

Mercantiは、米国造幣局の歴史(2006年時点で100以上)のいずれの従業員よりも多くの硬貨とメダルのデザインを生産している。これらの中には、1984年のオリンピック金10ドル硬貨、1986年自由貿易のドル硬貨、1989年の議会二百五世紀の金五ドル硬貨、1990年のアイゼンハワー・センテニアル銀貨の表皮、1991年のマウント・ラシュモア五ドル コイン、1991年の朝鮮戦争記念銀貨の表裏、2005年のジョン・マーシャル記念ドルの表向き。メルカンティは、多数の議会ゴールドメダルの設計と彫刻に加え、アーカンザス州、アイオワ州、ノースカロライナ州、ペンシルバニア州、ウェストバージニア州の50州クォータープログラムの州の四半期で働いていました。

アメリカンシルバーイーグルリバース(1986年),ウルトラハイリリーフ金貨などはJohn Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のデザイナーとしても制作物です。

ウルトラハイリリーフ金貨などJohn Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のサインラベル金貨、銀貨はPCGS,NGCの公式鑑定機関で多数、コレクターでも、価格表でも高値で取引価格が付いています。

シルバー・イーグルの逆のデザイナー、アメリカ造幣局の第12代長彫刻家ジョン・メルカンティ。 MercantiのラベルはPCGS Bulk部門から入手できます。

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のPCGSサインラベル

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のPCGSサインラベルは、2011年、2012年までは、サインをされた物はPCGSに自分で届け出たものだけが、

Mercantiサインラベルのカテゴリーに分類されています。

今でも、新しく届け出ますと、どうしても、手数料負担など、特に日本では几帳面な為にちゃんと、届け出て、表示も細かく分類したい方が多いですが、海外、アメリカでも、PCGSのファーストストライク鑑定であれば、あとは、

John Mercanti(ジョン・メルカンティ/マーカンティー)のサイン入りラベルが本物であれば、再提出しない方が、今でも、Mercantiサイン入りラベルで発売される近年、までは、自主的にPCGSに登録申請をして登録されるために、年代とグレードによって、25%から40%のMercantiサイン入りラベルが一般分類で番号検索されます。

金貨、銀貨の価値は同じですので、皆様も気にされないほうが、よいと思います。1番の問題は、分類に検索で出るか、出ないか、ではなく、グレード、例えば、MS69なのか、MS70なのかが1番大切です。

金貨、銀貨のPCGS,NGCのプライス価格表はだれでも見れますので、最高鑑定のグレードの高いものに価値があると思えば、間違いないでしょう!

他のモイ氏、MOYサインでも同じことが言えます。

あと、プライス表に出てこない、サイン入りもあります。

とても、枚数が希少で、プライス価格を書けない、または把握できない金貨、銀貨もたくさんあります。他のサイン入りの金貨、銀貨も同じことが言えますので、良いアンティークコインを集めることが、1番、肝心なことだと思います。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA